任意整理してみた

任意整理で支払いが遅れてしまった時の対処法

任意整理をしたけど支払いが遅れてしまったらどうしよう…」「任意整理で支払いが遅れてしまった…

せっかく勇気を出して任意整理をして和解契約を結ぶことが出来たのに、収入の変化などの事情で契約通りに支払いが出来なくなってしまった時の対処法について掘り下げていきたいと思います。

任意整理後の支払いが遅れてしまったらどうなる?

任意整理によって債権者との和解契約を結託した後に、和解契約で定めた通りの毎月の返済額の支払いができなくなった場合、その翌日以降早い段階で債権者から電話や書面などで催促の連絡が届きます。

ただ、実際には数日から1ヶ月以内の遅れでの入金であればそこまで問題にならないのがほとんどです。

ではどのような場合で問題になってくるのかというと、1ヶ月を超えて遅れてしまった場合、つまり分割金の滞納額が2ヶ月分溜まってしまった場合です。

具体的に言うと…

毎月1万円支払う契約であった場合、1ヶ月目の1万円の支払いを滞納した状態で次月支払いの1万円の滞納して支払日を1日でも経過する

こうなった場合、2ヶ月分の滞納となってしまい色々な弊害が発生します。

では、滞納が続いた場合の弊害とは一体何か?こちらについて解説していきます。

支払いが遅れることによる弊害とは

任意整理で債権者と和解契約を結ぶ場合、多くは金融業者が用意している和解契約書に書かれている、もし契約通りの返済が行われない場合はこのような対応を取ります、という懈怠(けたい)約款や過怠(かたい)約款と呼ばれる条項に基づいた対応が取られることになります。

この懈怠約款や過怠約款によって発生する弊害としては大きく2つあります。

期限の利益の損失

これは任意整理で取り決めた分割返済の効力を失い、残額を一括返済しなければならなくなることになります。

期限の利益の損失をして一括請求されたにもかかわらずこれを放置していると最終的には民事訴訟を起こされて裁判所の判決に基づいて強制執行され、給料の一部など財産を差し押さえられることになります。

遅延損害金の発生

これはクレジットカードや各種ローンと同じく、支払いが遅れた期間に応じて発生する遅延利息と呼ばれる利息です。

これにより発生する利息は14.8%〜20%と通常の利息の利率より高く設定されています。

せっかく将来利息のカットと長期の分割返済という2つの恩恵を受けたにもかかわらず、契約通りの返済をしないことによって、この2つの恩恵が剥奪されてしまい、また利息を払うことになってしまいます。

支払いが遅れてしまった時の対処法は?

任意整理後に支払いが遅れてしまった場合の対処法として、まず最も大事なことは債権者との信頼関係を維持することです。

債権者は任意整理をした際「このように支払いをします」という姿勢を信頼して将来利息のカットと支払い期限の猶予という恩恵を与えてくれたわけですので、その信頼に応えて維持するということが何よりも大切になってきます。

その為にも、支払いが遅れてしまいそうな場合にはその旨を事前に債権者に連絡をしましょう。

1番やってはいけないのが債権者からの連絡を無視することです。

それでも2ヶ月分の支払いの遅れが無ければ弊害が発生することはそこまでありません。

仮に2ヶ月分の支払いの遅れが発生する場合にこのような対応をすると、債権者が話し合いに応じてくれなくなってしまいます。

まずは何より誠実な対応を取ることが大切です。

弁護士や司法書士に委任して任意整理をした場合であれば担当の弁護士や司法書士に連絡するという方法もありますが、委任契約が切れていないことが前提となります。

任意整理を弁護士や司法書士に依頼した際に、債権者との和解契約が締結できた時点で委任事務の終了となるパターンと和解成立後も弁護士や司法書士が弁済代行として契約を継続するパターンがあります。

和解成立の時点で委任事務が終了する場合はその後の支払いは債務者が債権者に対して直接行うので、支払いが遅れる場合の連絡も債務者が債権者に対して直接行うのが原則です。

これに対して弁護士や司法書士が弁済代行をしている場合には事情を話せば代わりに債権者に連絡してくれます。

支払いの遅れが一時的なものではなく、何らかの事情で長期に及そうな場合は債権者との間で新たに何かしらの対処をする必要があります。

よくある例としては再度の和解交渉や自己破産などの他の債務整理の手続きなどが挙げられます。

例えば収入が減ってしまったために毎月の支払いができなくなってしまった、という場合には債権者に事情を理解してもらった上で毎月支払いが可能な金額に引き下げてもらういわゆる再和解の交渉をするのが一般的です。

これも弁護士や司法書士が弁済代行をしている場合には交渉をお願いすることが可能です。

しかし、すでに委任事務が終了している場合には新たに委任するか債務者が自分自身で債権者と交渉する必要があります。

また、収入が大幅に落ちてしまって生活するのがやっとである、といった場合は再和解で解決することは難しいので自己破産をするということも検討すべきことになります。

この場合も弁護士や司法書士と相談して方針を決定することが必要となってきます。

なんにせよ、支払いが遅れそうな場合は早めの行動が大事です。

くれぐれも先延ばしにせず、早めに相談しましょう。

最後に…


これからも任意整理について感じたこと、任意整理をする前に覚えておくこと、任意整理中はどのように過ごせばいいのか、など実際に任意整理をした身だからこそ伝えられることを届けていきたいと思います。

それでは今回はこの辺で!